営業職サラリーマンにおすすめ副業マッチングサイト8選!

副業
スポンサーリンク

最近「副業」をしたいサラリーマンが急増しているのをご存じですか?

政府が働き方改革の一環として副業推進を打ち出し、大企業でも副業解禁が進んでいるといった背景を受け、副業マーケットが確実に広がりを見せています。

その中心になりつつあるのが「クラウドソーシング」と呼ばれる副業プラットフォームです。

クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行うことを可能にしたWebプラットフォームの総称です。

その先駆け的存在としてはLancers(ランサーズ)CrowdWorks(クラウドワークス)が有名ですね。

これらのサイトは、webデザイン、動画編集、webライターといったIT系から、人事総務、経理、営業、翻訳など会社の一般的な分野まで幅広く網羅しています。

他にも軽作業や家事代行などの労働系や、さらに「話し相手募集」などユニークな内容も含まれています。

実際、各種専門領域まで含めるとすでに50以上のプラットフォームがひしめき合っています。

一方で大手リクルートが運営していたBizGROWTH(ビズグロース) という副業マッチングサイトが2020年9月末をもって終了するなど、流れが速い業界でもあります。

今後も成長しそうな副業業界ですが、自分に合うマッチングサイトを見つけることができれば、副業を成功させる近道となります。

そこで今回は、サラリーマンの中でも営業職の方向けに、営業に特化した最新のおすすめ副業プラットフォームを厳選してご紹介します。

副業で行う営業とはどのようなものか?

営業に特化した業務内容というのは、具体的には「営業代行」「営業支援」を指します。

営業代行とはその企業に代わってサービスや商品を営業するというシンプルなもので、営業支援とは、企業のサービスや商品の営業をサポートする業務を言います。

これらの副業は基本的に稼働時間が個人の裁量に任されることが多く、土日を有効活用して取り組むことも可能です。

また、ブログやSNSを運営している場合は、そういったwebツールを活用して時間や曜日に関係なく営業を展開することも可能です。

他にも副業として営業を行うメリットとして以下のような点が挙げられます。

  • 完全報酬型が多くその場合はノルマや指定勤務時間がない
  • 費用がほとんどかからない
  • 営業のスキルアップに繋がる
  • 新たな分野で知識を習得することができる
  • 将来的に起業につながる可能性がある

営業代行についてはこちらの記事もご覧ください。

【2022年】営業職におすすめの副業サイトを独自視点で解説
大手副業マッチングサイトを運営する株式会社ランサーズが発表した『フリーランス実態調査 2021』によると、副業(複業)をしている人の数は、2020年の708万人から2021年は812万人まで増加したそうです。 ただ、実際に副業で稼...

おすすめの副業マッチングサイト

それでは営業職におすすめの副業プラットフォーム8選をご紹介します。

いずれも利用は無料ですので、自分に合いそうなサイトがあれば複数登録してしまって構いません。

登録後におすすめの案件をメールで配信してくれるサイトもありますので、自分にとってメリットのありそうなサイトを探してみてください。

・CrowdWorks(クラウドワークス)

CrowdWorks(クラウドワークス)

既にTVCMなどでもお馴染みとなっている日本最大級のクラウドソーシングサービスです。クラウドワーカーと呼ばれる利用者は370万人、仕事を依頼するクライアントは60万社にのぼります。

webライターやデザイン系の業務が多いという印象がありますが、営業代行・営業支援の分野も多く募集されています。営業以外にも仕事内容は多岐にわたりますので、とりあえず最初に登録しておくことをお勧めします。

・ Saleshub(セールスハブ)

初期費用をかけずに副業をはじめるなら「Saleshub」

個人的にはこのプラットフォームは世の中の「営業」を大きく変える要素を秘めているのではないかと思っています。

Saleshubは、サービスや商品を営業したい企業に知り合いの会社や人を紹介することで報酬を得ることができるリファラル(紹介)営業プラットフォームです。

なんと企業に知り合いを紹介してアポイントが成立しただけで報酬を貰うことができます。

従来の飛び込み営業やテレアポの効率の悪さは兼ねてから企業の課題となっており、また、新たに作られたサービスなどの場合は、立ち上げ時に営業体制を整備できないケースもあります。

そのような企業のにとって、筋のいい見込み客を紹介してもらうことは大きなメリットとなるわけです。

また、アポイントの結果成約まで進んだ場合は、さらに大きな報酬を受けとることができる仕組みになっています。

保険の営業などで家族親戚知人を頼る手法が以前からありますが、この場合は紹介される側も情報を求めている場合に成立する仕組みのため、双方にとってメリットのあるサービスとなっています。

特に営業職のサラリーマンでであれば、取り組みやすい副業サービスの一つと言えるでしょう。

・ side bizz(サイドビズ)

side bizz(サイドビズ)

先ほどご紹介したセールスハブの仕組みを「リファラル営業プラットフォーム」と呼びますが、続いてご紹介するサイドビズもこのタイプになります。

side bizz(サイドビズ)は、営業に課題を抱えている企業とフリーランス・副業の営業マンをマッチングするサービスで、個人でも代理店営業のように気に入った商材を見つけて営業を行うことができます。

「代理店よりも簡単な副業」をテーマに掲げており、代理店としての商材仕入れや、面倒な契約手続きをしなくても、掲載されている商材を自由に取り扱うことができます。

2021年1月の時点で、サイドビズに掲載されている案件数は100商材を超えており、自分にあった営業案件を見つけることができます。

報酬形態としては完全成果報酬型なので、人脈が豊富で営業スキルがあるサラリーマンの副業におすすめです。

・ シューマツワーカー

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、週末や平日夜など勤務時間以外の空いてる時間に働ける会社を紹介するマッチングサービスです。

2017年2月のサービス開始以降、これまでに180社以上の企業が登録され、サイト登録者は5000人以上となっています。

募集企業はスタートアップ系の企業が多く、勢いのあるスタートアップ企業のプロジェクトに参加できるのも魅了の一つと言えますね。

スタートアップ企業は予算の関係上、社内組織を潤沢に揃えることができないケースが多いためスポット的にプロジェクトをサポートして欲しいというニーズはあるわけです。

シューマツワーカーが他のマッチングサイトと違うのは、報酬が時給制となっており週10時間から従事することが可能になるという点です。

つまり、週10時間は稼働する必要があるわけですが、シューマツワーカーの平均時給は2,500円となっており平均して月10万の副収入を稼ぐケースが多くなっています。

ただここで紹介するほかのサイトに比べ、営業職向けの案件が幾分少ないのが残念です。

業務形態としては「MTGのみオフィスに出社し、業務は自宅でリモート作業」や「出社をしない完全フルリモート」などの案件から自分のスタイルに合わせて選ぶことが可能ですので、ある程度副業にコミットしたい方に最適と言えます。

・ kakutoku(カクトク)

kakutoku(カクトク)

続いてご紹介するkakutoku(カクトク)は営業支援を求める企業と営業ができる人材をマッチングする営業支援プラットフォームです。その点で営業に特化したサイトとなっています。

営業職がいない、または不足している企業の商品やサービスの営業サポートをすることで報酬を貰うことができる仕組みとなっています。

成果報酬型のサービスが多い中で、営業職として稼働する時間にも固定給が支払われる点が大きな特徴の1つです。

その働き方も1日数時間、週3日稼働など多様なスタイルを選ぶことができるようになっており、リモートワークの案件も多く自宅で対応できるのもうれしいところです。

先ほどのシューマツワーカーと同様に、ある程度副業にコミットしたい人に向いていると言えます。

・ SHARES MARKET(シェアーズマーケット)

シェアーズマーケット

は、顧客を新規開拓したい企業と副収入を得たい個人をマッチングするプラットフォームですが、好きな商材を選んで営業を行う成果報酬型営業代行と知人を紹介するリファラル営業型と、両方のパターンを備えているのが特徴です。

法人向けのIT・通信・WEB・OA・人材・教育関連から個人向けの学び・資格・金融・保険まで多様な商品・サービスが登録されており、興味のありそうな会社や知人に紹介して、成約すれば報酬を貰うことができます。

また、集客のためのWebサイトを作りそこから購入見込みのある顧客リストを集めるなど、工夫次第でほとんど労力をかけることなく紹介報酬を得ることができるのも魅力の一つです。

・ プロの副業

プロの副業

プロの副業は、文字通りプロ人材の為の副業紹介サービスです。

プロフェッショナルなスキルや経験を持つハイスキル人材に特化したプラットフォームで、専門スキルを持った人材がさらに自分の評価と経験を磨きあげて、高収入を目指す就業モデルを目指しています。

そのため平均の報酬額も他のサービスより高額となっています。

登録者も本業のプロフェッショナルなスキル、経験、人脈を活かして副業ができるため、本業をしながらスキルと収入をアップすることが可能となっています。

報酬体系は月額の業務委託契約となっており、出勤日数、報酬は案件ごとに幅がありますが、「週1」「月1」など、自分のライフスタイルにあわせながら副業をすることができます。

・ URUMAP(ウルマップ)

URUMAP

URUMAPは「フルコミッションの営業でしっかり稼ぎたい人」と「成果を出したい企業」を繋ぐビジネスマッチングプラットフォームです。

商材のジャンルは広く、フルコミ・固定報酬の両方の報酬体系があり、代理店・紹介店・フリーランス・副業向けに対応しています。

土日だけでも、平日の本業の合間だけでも自分の好きなスタイルで業務を行うことができるのが特徴で、初回は営業ツールを支給してくれるサービスもあります。

また、各商材についての研修があり、営業開始後もサポートしてくれる体制が整っています。

また、自分のプロフィールを登録していくことで、登録企業からスカウトを受けることもできるようになっており、より一層自分の経験をもとにスキルを発揮することができる仕組みになっています。

以上、急激な勢いで拡大している副業市場における営業職向けマッチングサイトをご紹介しました。ほとんどのケースでサイトへの登録は無料となっており、さらに完全報酬型が多いため初期費用もほとんどかからりません。

まさに営業職のサラリーマンの副業のはじめの一歩として最適です。

リスクを抑えて行動に移すことができますので、始めない手はないのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました